在校生からのメッセージ

准看護学校 在校生からのメッセージ

教員の先生方はハートフルな方々ばかり平成30年度2年生Aさん

 私は職場からの勧めもあり、28歳でこの学校に入学しました。他職種で約10年間働いていたので、 准看護師という、人の命に関わる仕事に就くことに、相当迷いがありました。それでも新しいスキル を身に付けるチャンスだと前向きに捉え入学を決意しました。
 いざ学校が始まると、日直、教室掃除、休み時間といった言葉が飛び交い、なんだかとても懐かし くなったのを覚えています。幸いなことに、クラスメイトはとても明るく楽しいメンバーが多く、すぐに打ち解けることができました。振り返ると、クラスの仲間がいたからこそ、勉学・実習ともに乗り越えられたのだと心底感じています。
講師は現役の医師や看護師の先生方が多く、臨床での実体験などを交えて教えていただけて、とても参考になりました。実習では、現場でしかできない貴重な経験をさせていただき、看護の仕事を間近で感じることが出来ました。教員の先生方はとてもハートフルな方々ばかりで、親しみやすさ抜群だと思います。
 あっという間の2年間でした。それだけ充実していたのだと思います。今でも人の命に携わることに不安はあります。しかし、多くの悩みをクラスメイトと共有できたこと、先生方にアドパイスをいただけたことは、一生の財産になると思います。そしていつか、人の命に関われる仕事をしているのだと誇りに感じられるように努力し続けていきたいと思います。最後に、本当に楽しい2年間でした。

人としても成長することができた平成30年度2年生Bさん

 私は30歳前半で入学しました。2年生の実習が始まった頃に、家事や子育ての悩みがあり、いっぱいいっぱいになっていました。そんな時、不安や悩みを聞いてくれたのが先生でした。学校以外の事でも親身になって話し聞いてくれたり、細かい事に気づいてフォローをしてくれる先生達のおかげで、無事実習を終え、資格試験を受けることができました。今は資格試験に向けて毎日勉強をしていますが、先生達も私達生徒を励ましてくれてがんばれます。 私は、この学校に入学して人としても成長することができて、本当に良かったと思います。

同じ志を持つ仲間たちと共に成長平成30年度2年生Cさん

 私は20代後半で、比企准看護学校に入学しました。
 3人の子供がいて、入学当時は下の子が10カ月でした。
 入学してからは、勉強、家事、育児の両立が難しく悩む事、挫けそうになる事もたくさんありましたが、家族、中身に支えられながら、自分なりの勉強方法を探し、乗り越えてきました。同じ志を持つ33人の仲間たちと共に成長することの出来た2年間でした。これも先生方の温かい指導と、時には厳しい指導のおかげです。私の准看護師になるための看護の基礎を比企准看護学校で学ぶ事が出来て本当によかったです。

支え合える仲間や優しく導いて下さる先生方平成30年度2年生Dさん

 私は、30代後半で入学しました。
 幅広い年齢層のクラスメートに始めは戸惑いもありましたが、同じ目標を持った仲間として、互いの良さを引き出し合い支え合い、良い刺激を受けながら一緒に学んできました。
 臨地実習では、寝不足が続き、分からないことも多く困った時や辛い時にも、グループメンバーと助け合うことで、困難なことも乗り越え楽しく学ぶことができました。そして、いつも親身に指導して下さる先生方のおかげで少しづつ成長が出来たと思います。
 私は3人の子供がおり、育児と家事をしながら勉学や実習の両立ができるか不安でいっぱいでしたが、支え合える仲間や優しく導いて下さる先生方のいる比企准看護学校に入学して良かったと感じています。

悩んだ時は何でも相談に乗って下さる先生方平成30年度2年生Eさん

 私は30代半ばで比企准看護学校に入学しました。幼い子供がいるため、実家で両親に協力して貰いながらの学校生活でした。
始めは学校生活に慣れるのが大変で、授業やテストに終われる日々が続き、心身共に疲れてしまった事もありました。けれど、同じような境遇の友人も多く、励まし合い、協力し合う仲間がいるので、大変でも皆で乗り越えていく事ができました。
実習が始まると、演習では上手く出来ていても臨地では上手くいかない事ばかりで、落ち込むことも多々ありました。そんな時は、学校の担当教員がしっかりと指導して下さり、的確で具体的なアドバイスのおかげで、徐々に成長していく事が出来ました。
入学当初は、自分にこの仕事が務まるのか、向いているのか、不安に思う事もありました。けれど、勉強に実習と、一つ一つ乗り越えていく事と、悩んだ時は何でも相談に乗って下さる先生方のおかげで看護という仕事にさらに魅力を感じるようになりました。
今、この道に進むか悩んだり迷っている方には、ぜひ勇気を持って一歩を踏み出して欲しいです。比企准看護学校で、しっかりと成長を手助して下さる先生方と、共に励まし合う仲間に出会え、充実した2年間を過ごす事が出来ると思います。

感謝の気持ちでいっぱい平成30年度2年生Fさん

 比企准看護学校での2年間はあっという間でしたが、とても濃い時間を過ごす事ができました。
 学校生活は、勉強やテストで辛い時期もありましたが、実習ではとても素晴らしい学びを得ることが出来たと感じています。実際に患者様のお身体をお借りして学ばさせて頂き、身をもって看護の難しさ痛感しました。
 教員の先生方は、私たちを常に気にかけて下さり、いつも的確なアドバイスをして下さいました。どんな時も相談に乗って下さったおかげで、ここまで乗り越える事が出来たと思います。
 そして何より、同じ目標に向かって学んだ仲間には、感謝の気持ちでいっぱいです。どんな時もたくさん話し合い、学びを深めることが出来ました。
 私は3年制の学校に進学を決めました。この2年間の学びを無駄にせず”暖かい看護”を提供できるような看護師なるために、さらに看護を深めていきたいと思います。
 入学を考えている方や入学する方、比企准看護学校にはたくさんの学びや出会いがあります。辛い事だけでなく楽しい事もあります。看護師になる自分のためにも、そして何より患者様のためにも、多くの事を学んで下さい。人としても大きく成長できる2年間です。

この学校に入学して良かった平成30年度2年生Gさん

 私は、母が看護師で幼い頃から看護師になることが夢でした。なので高校を卒業したら絶対看護学校に進学することを目標にしていました。
 私は3年間のストレートで行ける看護学校を目指していましたが、落ちてしまい、これから先の事が分からなくなり、状態になっていた所、母が比企准看護学校を進めてくれました。
 入学した時は不安と緊張がありましたが、クラスの雰囲気も良く先生方も一人一人生徒の表情や素振りを見て「いつもと違う」というのを瞬時に察知し、気にかけてくれたり、少し自分自身が気にかかることでも相談に乗ってくれて、私はこの学校に入学して良かったと心から思います。また、看護はただ知識と技術を提供するだけではいけないということを2年間学んで分かりました。人を看護していくには、まず自分自身の人間性を磨くことが大切だと学びました。なので、この学校では日常生活で基本的な事を毎日身に付けることで、実際に実習行っても生かせることができ、幅広い視点から患者様の状態をアセスメントできることも繋がっていきました。看護はとても大変だと周囲から思われますが、私は病気で苦しんでいる患者様や家族を少しでも助けた事で、笑顔で「ありがとう」と感謝の言葉を頂ける仕事は他にはないと思い、またやりがいのある仕事だと思っています。

厳しくも温かく見守ってくれた先生方平成30年度2年生Hさん

私はずっと夢だった看護師になるために、家族の応援もあり挑戦しようと30台後半で入学しました。家事、育児、仕事、そして勉強を両立するのは大変でした。とくに勉強時間の確保が厳しく、起床時間を少しずつずらしていきました。 日々の時間の使い方も工夫するようになりました。学校では、世代の違うクラスメイトと出逢い、お互いに切磋琢磨しながら、看護の知識、技術だけではなく、人間性を磨くことのできる2年間でした。 そこにはいつも先生方が厳しくも、温かく見守ってくれました。常に一人一人と関わりながら前に進めるように指導して下さりました。 新しい何かをはじめるには勇気が必要です。だけど一歩踏み出した先には、素晴らしい出逢いがまっています。私は看護師の道をこの学校からスタートできて良かったです。

一日一日を乗り越えることができた平成30年度1年生Eさん

 私は比企准看護学校の先輩に勧められ19歳で入学しました。
入学してすぐは授業やテストなどに慣れるのが大変でした。
けれど、わからないことがあるたび、先生や先輩たちが優しく詳しく教えてくださるおかげで、一日一日を乗り越えることができています。
今後も勉強、実習に取り組み、准看護師になるために日々努力していきたいです。

有意義に過ごすことができた平成30年度1年生Fさん

 私は一度違った道へ進みましたが、ずっと看護の仕事が気になっていて、21歳で比企准看護学校へ入学しました。入学当初、クラスメイトの年齢が様々なことに戸惑い、また学校の授業では初めて学ぶことばかりで、今後の学校生活に不安を感じていました。
授業や実習ではわからないことが沢山ありますが、先生方の丁寧なご指導や、クラスの仲間の支えにより、有意義に過ごすことができています。これから良い准看護師を目指し、日々努力したいと思います。

勉強だけではなく、子供のことも相談できる平成30年度1年生Gさん

 私は看護の仕事に就きたいと思い30代で比企准看護学校へ入学しました。子育て、仕事に学業と、毎日大変ですが、幅広い年齢のクラスメイトがいるので、勉強だけではなく、子供のことなども相談できアドバイスをもらって、助け合いながら頑張っています。

卒業生からのメッセージ

准看護学校 在校生からのメッセージ

皆で行った研修旅行やディズニーシー平成29年度卒業Aさん

 私は20代後半の4人の子どもを持つ母親です。
 夫から、資格のある准看護師を勧められ受験しました。
 テストや実習、家事、育児をしていると、何度も心が折れ辞めようと思いました。そんな時は、仲間に励まされ助けてもらい一緒に頑張ることが出来ました。
 この二年間は、家族(特に子どもたち)や友達、先生方に感謝の言葉しかありません。 つらいこともたくさんありましたが、皆で行った研修旅行やディズニーシーなど楽しい思い出も出来ました。
 そして、『看護』って素敵な仕事だと思います。

学んだ事を糧に勉学に励み、看護師になりたい平成29年度卒業Bさん

 私は男性で、33歳でこの学校に入学しました。
 家では幼い二人の子どもの相手もあり、勉強から遠ざかっていたため最初は授業についていけるか不安でしたが、妻や、実家の両親の協力のもと続けていくことができました。
 授業ではそれぞれの教科で講師の先生がわかりやすく講義してくださり、基礎から理解し学習していくことができました。教員の先生方も熱心で、時には厳しくご指導いただくこともありますが、その裏には暖かい面もあり、優しく見守られていることを実感できました。また、困ったときは親身に相談に乗ってくださりました。
 今まで勉強をすることが楽しいと思ったことは一度もありませんでしたが、この二年間は本当に充実し、自分のために勉強することがこんなに楽しいとは思いませんでした。
 実習では何度も失敗がありくじけそうになることもありましたが、その都度、実習担当の先生に的確に指導していただき、乗り越えていくことができました。v  今後、進学しもっと学びを深めていきますが、この学校で学んだことを糧に勉学に励み、看護師になりたいと思います。

自分を成長させる良い機会平成29年度卒業Cさん

 私にとって学校は、実習や勉強で苦しいこともありましたが仲間や先生に支えられ、乗り越えることができました。
 この二年間は、色々な意味で充実し、自分が成長できました。
 これから入学する人も、入学を考えている人も、自分を成長させる良い機会です。

理解できるまで付き合ってくださった教員方平成29年度卒業Dさん

 私は20歳代女性です。子供を育てていくのに手に職が欲しいと思い、准看護師になるため合格率100%の比企准看護学校を選びました。
 入学当初は医療に携わったこともなく、勉強も久しぶりで、やっていけるのか不安でいっぱでした。実習では、自分の至らなさと睡眠不足で、辛い日々でした。
 しかし、実習が終わってしばらく経ったある日、受け持った患者さんが学校に元気な姿を見せに来てくれました。
 登校前だったので、直接お会いすることはできませんでした、教員よりこの話を聞き、とても胸が温かくなりました。
 こんな素敵な経験ができたのも、理解できるまでとことん付き合ってくださった教員方、助け合える仲間、実習で忙しい時に支えてくれた家族、たくさんの人達のおかげだと思います。
 1年生のみなさんはこれから長い実習が始まりますが、仲間と助け合い励まし合いながら様々な経験を通して素敵な准看護師になれるように頑張ってください。
 そして、これから入学するみなさんが過ごす2年間には、たくさんの出会いと体験が待っています。この学校で看護を学び、同じ夢を持つ仲間と准看護師を目指してください。

つまづいたときにはマンツーマンで指導平成29年度卒業Eさん

 准看護師になるという目標に向かって皆で一丸となった2年間でした。座学では初めて耳にする疾患や専門用語に戸惑いながらも多くのことを学びました。
 臨地実習では患者さんを受け持ち、わからないことに自信をなくしたりつまづいたことも沢山ありましたが、仲間と支え合い乗り越えることができました。
 厳しいときもありますが、先生は温かい方ばかりです。実習でつまづいたときにはマンツーマンでご指導してくれます。
 ホームルームでは、いつも笑顔や笑いがたえませんでした。
 比企准看護学校での2年間は私にとって宝物になりました。
 比企准看護学校で学んだ知識・技術・態度を大切に行き詰まった時初心に帰り、患者さんの心に寄り添う気持を忘れず准看護師として成長していきたいと思っています。