在校生からのメッセージ

准看護学校 在校生からのメッセージ

授業の1つ1つが日々の生活の上でもとてもために令和3年度1年生Aさん

 子供が小学校入学と幼稚園入園を迎え、私も何か始めたい!と思い、30代前半で入学を決めました。
無謀な気もしましたが、家族の支えもあり、こんな状況の私でも何とかここまで頑張ってこれました。
 子供も私の影響で体の仕組みに興味を持ってくれたり、子供が宿題をしていると私も勉強しなくてはという気持ちになったりと、お互いに良い刺激になっています。
学校生活は、厳しくも優しい先生方や友人のおかげでとても楽しく充実しています。
コロナウイルスの影響もあり、感染対策や消毒法など、授業の1つ1つが日々の生活の上でもとてもためになっています。
 試験や実習での提出物が多く、決して楽ではありませんが、それでも入学して良かったと思っています。
卒業までまだまだありますが、クラスのみんなと頑張っていきたいです。

先生方の、リアルなお話もとても興味深い令和3年度1年生Bさん

 47歳で入学しました。5人家族で私も含め4人学生です。
家族が理解してくれて、学校に通えることに感謝しています。「勉強は大変そうだけど、お母さん楽しそうだね」と子供たちに言われます。実際、幅広い年代、皆違う環境の仲間と同じ目標に向かって頑張ることに、思い切ってこの道に進んでよかったと思います。先生方の、リアルなお話もとても興味深いです。
“患者さんも人、看護師も人、先生も人″医療や技術が発達しても、“人として″の大切なものは、変わらないのだと思います。そんな大切なものがこの学校にはあると思います。
日々、感謝の気持ちを忘れずにあと1年過ごせたらと思います。

勉強する姿を見て「ママ、かっこいいね」令和3年度1年生Cさん

 私は、主人がなくなり3人のシングルマザーになりました。
たくさんの事でいっぱい、いっぱいでしたが、子供が大きくなるにつれ、子供と自分の将来を考え准看護学校への入学を決めました。
初め入学したときは、子供が3人いることもあり、久しぶりの勉強で大変なことも不安もたくさんありました。しかしどんなに辛くても大変な時も助けてくれるクラスメイトがいました。学校のこと、子供のことも親身に相談の乗ってくれる先生方がいました。比企准看護学校は、そんな素敵な仲間と先生がいる学校です。この学校に通って私が勉強する姿を見て「ママ、かっこいいね」と子供たちは言ってくれます。そんな自分を誇りに思い また、子供たちに誇りに思ってもらえる母親になれるよう、同じ夢を目指すクラスメイトと先生と共に素敵な准看護師を目指し頑張りたいと思います。

18歳でこの学校に入りました令和3年度1年生Jさん

 高校を卒業して18歳でこの学校に入りました。
幅広い年齢の人たちと一緒に、お互いに励まし合いながら学んでいます。看護技術などのわからない事があった時は誰かが積極的に手を差し伸べてくれます。クラス全員で切磋琢磨しあう雰囲気で常に授業に臨んでいます。
そして、先生たちは解らないことなど、丁寧に教えてくれたり、アドバイスをしてくれるので非常に勉強になります。

看護学生として人間としてのあり方についても指導令和2年度2年生Dさん

 私は高校卒業後に別の看護学校に入学しましたが、うまくいかず辞めました。母が比企准看護学校を卒業したこともあり、母に勧められ受験しました。
 入学してすぐは学校生活がうまくいくか不安でしたが、優しい先生と仲間に恵まれ、充実した学校生活を送っています。先生方は、看護学生として人間としてのあり方などの、人間性についても指導してくれます。厳しくもいつも私達を温かく見守ってくれ、看護の知識だけではなく、多くのことを学んでいます。
 この素晴らしい環境の中でがんばって准看護師を目指したいと思います。

乗り越えられているは、幅広い年齢のクラスメイトのお陰令和2年度2年生Eさん

 私は40歳で比企准看護学校への入学を決めました。学校生活本当にわくわくしながらのスタートでした。
 思っている以上に、仕事、子育て、勉強の両立は、慣れるまで大変でした。今大変な事を乗り越えられているのも、幅広い年齢のクラスメイトのお陰です。
 皆、色々な経験をして、今は同じ目標に向かって頑張っています。互いに切磋琢磨しながら頑張っていきたいと思います。

私の勉強をしている姿を見て、娘にいい刺激令和2年度2年生Fさん

 私は看護師になりたくて、家族の応援もあり30代前半で入学しました。
 入学当初は勉強、友達、育児、家事などができるか不安でしたが、入ってみるとクラスの皆が優しくて、テストの事や育児の事などを相談しながら1つ1つをこなしていくなど、毎日色んな刺激を受けながら学校生活を送っています。
 先生方もとても優しく、何かあった時はすぐ相談にのってくれる環境を作ってくれます。
 小学校1年生の娘がおりますが、短時間で濃厚に関わるようにしています。私が勉強などをしている姿を見て、娘にもいい刺激になると思っています。
 いっぱいいっぱいの時もありますが、同じ目標を持つ仲間と支え合いながら、楽しく残りの学校生活を送っていきたいです。
 本当に比企准看護学校に入学して良かったです。

不安を感じている方は、前向きな気持ちで一歩を踏み出して令和2年度2年生Gさん

 私は31歳で比企准看護学校に入学しました。入学して約8ケ月が経った今感じていることは、あの時、受験を決意して入学することができて本当に良かったことです。
 私は勉強がとても苦手だったので、入学してから勉強についていけるのか、すごく不安でした。
 今も日々の勉強やテストなどで、不安や焦りを感じることもあります。ですが、クラスの仲間と、お互いに自分に合った勉強方法について話し、参考にしたり、励まし合って乗り越えられています。
 また教員の先生方も、授業だけでなく、日々の学校生活の中で私たち1人ひとりのために必要なことを親身になってご指導してくださいます。
 私たちの表情をみて声を掛けてくださったり、課題や実習前の事前学習をする際も沢山のアドバイスをしてくださいます。授業でも私たちが理解しやすいように、例をあげて話してくださったり、楽しく学べる雰囲気をつくってくださいます。
 これから長い実習も始まり、テストも沢山ありますが、本当に楽しい仲間と優しい先生方の存在がとても心強いです。
 もしも受験を考えて悩んでいる方や入学を控えて不安を感じている方は、辛いことばかりではないので、前向きな気持ちで一歩を踏み出してほしいです。

とても充実しており、立派な准看護師になれるよう日々努力していきたい令和2年度2年生Hさん

 私は今まで医療機関の仕事は少ししかしておらず、看護師になりたいと思ったのは、最近でした。
 入学して学生の年齢はそれぞれ違いがありますが、准看護師になるという目標は一緒なので、クラスのみんなで日々頑張っています。
 勉強することから離れていたので、最初は勉強量の多さにとまどいました。
 入学してから、今まで送ってきた生活とは変わりますが、とても充実しており、立派な准看護師になれるよう日々努力していきたいです。

みんなで復習し問題を出し合い、声かけをして励まし合う令和2年度2年生Iさん

 私は一度決まっていた進路へ進みましたが、幼い頃から憧れであった看護の道を諦めきれず、19歳で比企准看護学校へ入学しました。
 入学当初は、周りの人達との年齢差に戸惑い、これからの授業についていけるか不安でしたが、先生方は分からないことを分かりやすく教えてくれていつも親身になってくれる所や、クラスのみんなの優しさに支えられ、今では学校に行くことが楽しみです。
 テスト前では、みんなで復習し問題を出し合ったり、実習中ではみんなで声かけをし励ましをもらったりとても良いクラスに恵まれたと感じました。

卒業生からのメッセージ

准看護学校 卒業生からのメッセージ

年齢や性別は重要ではない令和4年度卒業生Aさん 20歳代 男性

 看護に年齢や性別は関係ありません。私は26歳で比企准看護学校に入学しました。今まで医療関係とは全く異なる場で働いており、男性ということもあって学校生活に対して大きな不安を抱いていました。クラスメイトの年齢の幅が広く、女性の多い環境ですが、入学をすれば全員が共に看護を学んでいく仲間です。そこには年齢や性別もあまり重要ではないことに気づかされました。
 勉強自体は量が多く、決して楽な道のりではありません。しかし、支えてくれる仲間たちのおかげでこれからも目標に向かって頑張れそうです。入学を迷っている方、学校生活に不安を抱いている方は一度飛び込んでみてはいかがでしょうか。

支え合いながら2年間乗り越える令和4年度卒業生Bさん 20歳代 女性

 私は19歳で比企准看護学校に入学しました。初めは午前働いて午後学校という生活に慣れなかったり年齢層の幅が広く、なじめるか不安だったり、勉強が苦手なのにもかかわらず2年間やっていけるのかなと思っていたことがたくさんありました。しかし、クラス皆の仲が良く実習や勉強が大変なときは支え合いながら2年間乗り越えることができました。

先生方は厳しくも優しく、生徒想い令和4年度卒業生Cさん30歳代 女性

 子育ても一段落し、これからの自分の人生を考えたときに何か社会の役にたつことをしたいと考え、比企准看護学校を受験する決断をしました。入学が決まってから2年、振り返るとあっという間に過ぎてしまいました。勉強・実習は思った通り大変でしたが、同じ志をもった仲間がいたので頑張ることができました。また、様々な年齢層の中で学ぶことができたことで、色々な価値観に触れることができ、良い経験になりました。先生方は厳しくも優しく、生徒想いです。辛いときに声をかけていただいたこと、とても感謝しています。
 入学前からコロナウィルスが蔓延し始め卒業する今も変わりはありません。学校内の行事もすべてなくなり実習や授業も例年とは違うこともありました。しかし、医療に対する社会の目が注視され続けた年に学べたことを意義あるものにできるよう、准看護師として頑張って働きたいと思います。比企准看護学校に入学して本当に良かったです。

仲間同士で自然と打ち解け、授業も楽しく令和4年度卒業生Dさん 20歳代 女性

 私は高校を卒業してからすぐ本校へ入学しました。「准看護学校は年齢層が広いけど、大丈夫?」と親に言われ、最初は上手くやっていける自信がなく不安でした。しかし、毎日の授業や、看護技術をクラスの仲間同士で実践していくうちに自然と打ち解け、授業も楽しくなってきました。みんなが初めての所からスタートするので、年齢関係なく、わからないことは相談し合い意見や情報を共有し合うことで、お互いの学びに生かしていくことができました。また、私はクラスの中で一番人生経験も少なく、悩む事も沢山ありましたが、年齢層が様々であることから、いろいろな年代の方々からの意見や経験をもとにした話から多くを学ぶことがあり、2年生になってからの約半年の実習も、グループの仲間に支えられながら最後までやりきることができました。先生方も一人一人のことを、よく気にして向き合って話をしてくださり、心の支えになりました。本校に入学して看護以外にも多方面の意見や経験から沢山のことを学ぶことができ、とても充実した2年間になりました。

先生方が小さな疑問に丁寧に対応令和4年度卒業生Eさん 40歳代 女性

 私は、看護師になるのが長年の夢でしたが、自信がなく入学試験という第一歩が、なかなか踏み出すことができずにいました。このままでは諦めることになると思い44歳で挑戦し合格することができました。入学した頃は、人体に出てくる漢字さえ読み方がわからない程でしたが、そんな時にはクラスの仲間が一緒に考えてくれました。また、先生方が聞きやすい環境を提供してくださり、小さな疑問に丁寧に対応していただき、とても感謝しています。人生で一番勉強したと実感できる2年間となり、自信をつけることができました。卒業を迎える今では、准看護師に必要な沢山の知識を学ぶことができました。諦めずに挑戦して良かったです。

こぼれおちるほどの愛情いっぱいな先生方令和4年度卒業生Gさん 40歳代 女性

 子どもたちが自立し、子育てが一段落したことをきっかけに、幼いころからの夢だった看護師になり自信を持って働きたいと思い比企准看護学校に入学しました。勉強についていけるか、2年間頑張れるのか、不安だらけでしたが、入学してみると資格を取るという同じ目標を持った人達と、正しい看護の知識・技術を学ぶことが本当に楽しく、1年が過ぎていました。2年生になると実習が始まり、事前学習や記録に追われ大変でしたが、日々感じたこと、教わったことを吸収し成長できたのではないかと思います。どんな時も、こぼれおちるほどの愛情いっぱいで見守って下さる先生方と、励ましあえる友達の存在で、素敵な2年間を過ごすことができました。

50代の私でも期待されることがうれしい令和4年度卒業生Fさん 50歳代 女性

 私は50代で医療現場の経験がありませんでした。60年以上看護師として働いてきた母に感動し、学校への入学を決意しました。入学当初は、頑張ろうと思う気持ちと不安な気持ちで学校生活をスタートさせました。
 不安な気持ちを思い切って先生に打ち明けたところ、先生から「学校では、医療現場の経験の有無や年齢は関係ありません。ここではみんな同じ看護学生です」と言われて私の不安は消えてしまいました。先生方のおかげで、私は安心して看護の勉強をすることができました。また、実習先の先輩看護師さんから「これから良い看護師になることを期待します」との言葉をかけてもらい、50代の私でも期待されることがうれしく思い、今でも心の励みとなっています。卒業後は、教えていただいた看護の知識と技術をいかし医療機関で頑張って働きます。