Message
平成29年度在校生

Aさん
入学当初は、勉強や実習についていけるか心配でしたが、親身に教えてくださる教員や、講師の方々のおかげで医学について学び、理解することができました。
実習では、教員や指導者さんの暖かいサポートがあり基礎の実習を終えることができました。
一年を通して感じたことは、社会人として働いているよりも久しぶりの勉強ということもあり大変でしたが、比企医師会内の病院のスタッフの方々、教員、そしてクラスメイトのおかげで乗り越えられたと感じています。
二年生では実習が多くなるので、クラスメイトと協力し支え合いながら勉強や実習に励んでいきたいと思います。

Message
平成29年度在校生

Bさん
私は子どもがいますが、30半ばを過ぎ、比企准看護に入学しました。
家事や子育て、幅広い年齢層の中で勉強など、学校生活は不安なことばかりでした。
特に病院勤務の経験がなかったので、病院実習は不安でしたが、困ったときには、親切・丁寧に納得がいくまで教えてくださる先生方がいらっしゃいます。
協力し合える仲間がいます。私は、この学校に入学でき、この学校でよかったです。同じ夢や目標をもった仲間と学び、支えてくださる家族や友人、先生方に感謝の気持ちを忘れず、決して楽な道ではないのですが、努力していきたいと思います。

Message
平成29年度在校生

Cくん
比企准看護学校に入学して一年が経過しました。
他職種から看護師を目指したため、看護用語のあまりの多さに不安もありました。
資格取得という同じ目標を持ったクラスメイトと共に学ぶ環境は入学当初の不安を少しずつやわらげてくれました。
悩んだ際には先生方や、先輩方がアドバイスをくれる学生生活を有意義なものにしてくれました。

Message
平成29年度在校生

Dさん
一年目の学びを終えて。
私は三十代後半で仕事・家庭を持ちながら入学を決意しました。
看護師になりたいとの願いは小さい頃からの思いでした。でも高校卒業後は進学せずに結婚、出産の道を選び看護師を諦めてしまいました。しかし子どもが成長していく生活の中で通院や看病を経験するとともに、看護師への思いが再燃し、比企准看護学校受験の決意に至りました。
入学してからの日々は決して楽なものでありませんでした。テストが重なったり、分からないことにつまづいたり...でも、周りの仲間に助けられ、気持ちを共有し合えることで自然と頑張る動力を得ることが出来ました。先生方も、とっても暖かく相談事にも優しくアドバイスをしてくれます。が!!看護のことになると厳しくなったり・・・(笑)でも、その厳しさが基礎実習を終えた今は、看護を学ぶ者にとって大切で必要な厳しさだと気づくことが出来ました。
だから私は、この学校に入学して本当に良かったと感じています。
最後に、入学してからの毎日には忙しく大変な日々を送っています。しかし忙しい中にも充実感や達成感がります。なので私は改めて挑戦してよかったと思っています。そして、これからも成長していきたいです。

Message
平成29年度在校生

Eさん
私は24歳の時に入学しました。
入学する前は美容学校を卒業しブライダル関係のお仕事をしていました。入学してからは学科・実習・試験などで忙しい日々でした。なぜこんなに勉強しなければならないのか辛い時もありましたが、みんなで励まし合い、また、先生からの指導とアドバイスを頂き乗り越えられました。二年生となり長期の実習が始まりますが、同じ目標を持つ仲間と共に看護師として卒業できるよう努力していきたいともいます。

Message
平成29年度在校生

Fくん
高校を卒業してすぐ比企准看護学校に入学した私ですが、クラスの仲間と相談し、助け合うことで一年間過ごすこと出来ました。
一年生の間は基礎実習で病棟を知ったり、基礎の技術を実際の患者さんで学ばさせていただくことがメインでした。
二年生になると、各論実習があり、さらに多くの知識や技術を習得しなければなりません。辛いことも多いと思いますが、クラスの仲間と切磋琢磨し頑張っていきたいと思います。



Message
平成28年度卒業

Aさん
私は2年前まで保育士として働いていました。
大好きな仕事で、転職だと思っていましたが、看護の勉強をしたいという気持ちが強く比企准看護学校に進学を決めました。
しかし、入学直前に体調を崩して入院してしまい、学校生活を続けられるか心配でしたが、先生方に学ぶ機会をいただき、無事卒業することができました。
学校生活は勉強することが多く、また実習では体力も必要で、くじけそうになることも多々ありました。
そんな時、先生がいつも声をかけてくださり、厳しくも暖かい言葉をいただき、また、同じ目標を持つ仲間と励まし合いながら2年間を乗り切ることができました。
振り返るといつも先生方に守られてきたように思います。これから医療の場でやって行けるるのか不安でいっぱいな私に
「ひとつひとつ焦らず勉強していきなさい。悩んだ時はいつでも学校にいらっしゃい」と励ましていただきました。
卒業しても先生方に見守られていることを実感し心強く思いました。
この2年間は私にとって今ままで経験したことのない貴重な学校生活でした。先生方から頂いた言葉をいつも胸に准看護師として成長していきたいと思います。

Message
平成28年度卒業

Bさん
私は30代の女性です。3人の子育てをしながら2年間通いました。家庭と学校の両立が難しく、挫折しそうになり、途中で退学を考えたこともありました。しかし、先生方から暖かい励ましやご指導をいただき、乗り越えることができました。また、仲間や家族に支えられ、今を迎えることができ、全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
今後私は進学します。入学当初には考えもしなかった道に進もうと思っていますが、比企准看護学校の2年間で学んだことを糧に、より一層努力し、学びを深めていきたいと思います。

Message
平成28年度卒業

Cさん
私は、40代半ばでこの学校に入学しました。今まで医療に携わったことがなく、勉強からも遠ざかっていたので、入学当初は不安でいっぱいでした。勉強や臨地実習では大変なこともありましたが、先生方の厳しくも暖かいご指導と、クラスメイトの支えにより充実した2年間を送ることができました。
今後は比企准看護学校で学んだことを糧に、看護の学びをさらに深めるため進学し正看護師になります。

Message
平成28年度卒業

Dさん
私は子育てをしながら30代でこの学校に入学しました。家事と試験勉強の両立が難しく、何度もくじけそうになりました。実習中はレポートに追われ、眠れない日々もありました。そんな時クラスメイトと励まし合い乗り越えてきました。時には先生方が気をかけ、アドバイスをくださいました。
小学生の息子も私を気遣い、協力してくれました。支えてくださった沢山の方々のおかげで、この2年間は濃厚で充実した日々を過ごすことができ、成長できたと思っています。こちらで経験したことを踏まえ、看護の道を歩んでいきたいと思います。




准看護師資格試験 25年連続合格率100%!

一般社団法人 比企医師会立 比企准看護学校
〒355−0016 埼玉県東松山市材木町2−36
TEL 0493−22−1202  FAX 0493−23−6075
ご意見・ご要望などがありましたら、電話にてご連絡下さい。
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。