Message
平成30年度2年生

Aさん
私は、職場の先輩に勧められ受験しました。
最初は、授業やテストのペースを掴むことができず、辛い時もありました。
しかし、クラスの仲間と同じ目標に向かって勉強することは、とても良い刺激になっています。先生方からは、看護の学びだけでなく、人としての学びもたくさんご指導頂き、少し成長することができたように感じます。
実習では、日々変化する患者様に合わせたケアを考えるにあたり、個別性に沿った看護の難しさを痛感しています。しかし、グループで話し合うことで、より具体的な個別性のあるケアを考えることができ、多くの学びを共有することができています。残りの実習も仲間と共に乗り越え、人としてもさらに成長できるよう日々努力していきたいと思います。

Message
平成30年度2年生

Bさん
私は高校卒業後に比企准看護学校へ入学しました。
比企准看護学校は、准看護師になるための学校ですが、人間性も高めてくれます。
先生は、愛情のある指導をして下さり、分からないところは、丁寧に教えていただけます。様々な年齢の人がいて、最初は不安でしたが、その人から学ぶこともあり、日々楽しく学んでいます。

Message
平成30年度2年生

Cくん
私は、19歳で入学しました。1年生の時は、授業やテストについていくのに必死でした。基礎実習では、患者さんと接することが初めてで、戸惑うことが多かったのですが、先生やクラスメートにアドバイスしてもらい2年生に進級することが出来ました。
今は、2年生になり、各論実習の途中です。グループメンバーと助け合い、看護の知識と技術を身につけられるように頑張りたいです。

Message
平成30年度2年生

Dさん
私は、30代後半で比企准看護学校に入学しました。
入学してしばらくは、家事、仕事、子育てもあるため、いっぱい、いっぱいになっていましたが、准看護師の資格を取得するために学ぶという同じ目標を持ったクラスメートに支えられながら、乗り越えられたのだと思います。
また、分からないことは、理解できるまで、熱心に教えてくれる先生ばかりなので、私は、この学校に入学して本当によかったと思います。

Message
平成30年度2年生

Eさん
人の命に関わる仕事を学ぶことは楽ではなく、特に実習で患者と直接関わったことで、准看護師の役割の大変さも実感できました。2年間で学ぶカリキュラムは大変ですが、先生方の厳しい指導だけではなく、温かい声かけに励まされ、自分が少しずつ成長でき、やりがいを感じるのでこの学校で学ぶ選択をして良かったと思っています。

Message
平成30年度2年生

Fさん
私は、歯科衛生士として病院勤務を経ての入学となりました。
子育てを終え、以前から興味のあった看護を学びたいと思い入学を決めました。
また、仕事を続け看護を学べる環境も魅力的でした。
同じ目標をもった仲間と支え合いながら、科目・試験・実習を乗り越えここまで来ました。迷った時には優しく導いて下さる先生がいます。相談し合える仲間がいます。安心して学ぶことができ、この学校に入学してよかったです。
今後も科目・実習に意欲的に取り組み、有意義な学生生活となるよう心がけたいと思います。

Message
平成30年度2年生

Gさん
私は、ずっと医療とは関係ない職業に就いており、30代半ばで比企准看護学校に入学しました。学校では、様々な年齢の人が同級生で、うまくやっていけるか心配でした。しかし、1年間一緒に勉強をしてきて、この環境だから学べることや、同級生から励まされることも多く、今ではとても楽しく過ごしています。勉強や実習と大変なこともありますが、社会人としての経験があったから活かせることや、この年齢になったからこそ、自分の夢に向かって勉強できる楽しさを日々実感しています。
これから各論実習が続きますが、悩んだ時には先生方やグループのメンバーに相談し、1つ1つの実習を大切にしながら、准看護師になるため、努力していきたいと思います。

Message
平成30年度1年生

Aさん
私は18歳から看護助手として働き、資格の壁を感じ25歳で比企准看護学校へ入学しました。
勉強と仕事の両立に不安がありましたが、世代の異なるクラスメートに出会い、共にフォローし合いながら難しい勉強に励んでいます。沢山の医学知識を2年間で覚えるのは大変ですが、地域で活躍している講師の方々が分かりやすい授業をしてくださるので、楽しく勉強することができています。
同じ目標を持った仲間や、時に厳しくも私たちを支えてくれる優しい先生方と一緒に、夢に向かって准看護師を目指してみませんか。

Message
平成30年度1年生

Bくん
私は20代後半で比企准看護学校に入学し、久しぶりの固い学生椅子に懐かしさも覚えましたが今ではクラスの雰囲気同様すっかり馴染んでしまいました。以前介護の仕事をしていましたが、ベッドメイキングの実技では患者への配慮や身体への負担軽減の工夫を学ぶことができ、授業を受け初めて気づけたことが数多くありました。これらの新しい発見は学校に来たからこそ得られたもので、有意義な毎日を過ごしています。
教員の方々からは、教室を学びやすい環境にしたいという気持ちが伝わってきて、こまめに窓を開け換気するよう声をかけてくれるのも病室のより良い環境作りに繋がる為だと感じております。
仲間と准看護師への道を志し、はや4ヶ月が経とうとしています。科目テストや実技テストは教えあって乗り越えて行けるよう協力しており、皆で病院実習に臨みたいと思います。
最後に、准看護師免許取得後は各地にある定時制の高等看護学校へ進学する道もあります。社会人にとっては、最後まで働きながら学べる経済的なメリットがあります。

Message
平成30年度1年生

Cさん
入学時、「看護師が人の命に関わる大切な仕事」という言葉を先生から聞き、改めて身の引き締まる思いをした事を覚えています。
私は50歳でこの学校に入学しました。難しい言葉が次々と出てくる授業や、グループで相談しながら行う演習など付いていくのが精一杯でした。
でもそんな時にはクラスの友達がわからない所を教えてくれたり、演習が終わっていないグループの片付けを手伝ったりしてくれます。看護師への目標を強く持っていればクラスメイトが優しく、先生方が温かく時には厳しく、しっかり支えてくれます。
まだまだたくさんの壁にぶつかるかもしれませんが仲間と一緒に1つ1つ乗り越えていきたいと思います。

Message
平成30年度1年生

Dさん
私は高校卒業と同時に比企准看護学校に入学しました。高校生の時はすでに調理・製菓学校への入学も決まっていました。しかし、自分のやりたいことが分からなくなり悩んでいた時に、看護師をしている母から色々聞き、看護の方面もいいのではないかという安易な考えで入学しました。
難しい言葉だらけの勉強は自分の思っていたものとギャップがあり、とても戸惑いました。だけど、いろんな世代の人と関わり仲良くなって、テストが続いて「もういいや…」となりそうな時も支えてもらい頑張れています。
入学前から心配だったのは、勉強についていけるかということでした。授業はいろいろな先生が教えてくださいますが、正直言うと、難しいしわからないです。そこで、授業のノートを自分でまとめたり、先生や友達に聞いたり、工夫するのは大事だと思います。私は勉強が嫌いなのでとてもつらいですが、何とか頑張れています。他の学校がどうかはわからないのですが、比企准看は先生方や友達の支えがあるので結構安心できると思います。


Message
平成29年度卒業

Aさん
私は20代後半の4人の子どもを持つ母親です。
夫から、資格のある准看護師を勧められ受験しました。
テストや実習、家事、育児をしていると、何度も心が折れ辞めようと思いました。そんな時は、仲間に励まされ助けてもらい一緒に頑張ることが出来ました。
この二年間は、家族(特に子どもたち)や友達、先生方に感謝の言葉しかありません。 つらいこともたくさんありましたが、皆で行った研修旅行やディズニーシーなど楽しい思い出も出来ました。
そして、『看護』って素敵な仕事だと思います。

Message
平成29年度卒業

Bさん
私は男性で、33歳でこの学校に入学しました。
家では幼い二人の子どもの相手もあり、勉強から遠ざかっていたため最初は授業についていけるか不安でしたが、妻や、実家の両親の協力のもと続けていくことができました。
授業ではそれぞれの教科で講師の先生がわかりやすく講義してくださり、基礎から理解し学習していくことができました。教員の先生方も熱心で、時には厳しくご指導いただくこともありますが、その裏には暖かい面もあり、優しく見守られていることを実感できました。また、困ったときは親身に相談に乗ってくださりました。
今まで勉強をすることが楽しいと思ったことは一度もありませんでしたが、この二年間は本当に充実し、自分のために勉強することがこんなに楽しいとは思いませんでした。
実習では何度も失敗がありくじけそうになることもありましたが、その都度、実習担当の先生に的確に指導していただき、乗り越えていくことができました。
今後、進学しもっと学びを深めていきますが、この学校で学んだことを糧に勉学に励み、看護師になりたいと思います。

Message
平成29年度卒業

Cさん
私にとって学校は、実習や勉強で苦しいこともありましたが
仲間や先生に支えられ、乗り越えることができました。
この二年間は、色々な意味で充実し、自分が成長できました。
これから入学する人も、入学を考えている人も、
自分を成長させる良い機会です。

Message
平成29年度卒業

Dさん
私は20歳代女性です。子供を育てていくのに手に職が欲しいと思い、准看護師になるため合格率100%の比企准看護学校を選びました。
入学当初は医療に携わったこともなく、勉強も久しぶりで、やっていけるのか不安でいっぱでした。実習では、自分の至らなさと睡眠不足で、辛い日々でした。
しかし、実習が終わってしばらく経ったある日、受け持った患者さんが学校に元気な姿を見せに来てくれました。
登校前だったので、直接お会いすることはできませんでした、教員よりこの話を聞き、とても胸が温かくなりました。
こんな素敵な経験ができたのも、理解できるまでとことん付き合ってくださった教員方、助け合える仲間、実習で忙しい時に支えてくれた家族、たくさんの人達のおかげだと思います。
1年生のみなさんはこれから長い実習が始まりますが、仲間と助け合い励まし合いながら様々な経験を通して素敵な准看護師になれるように頑張ってください。
そして、これから入学するみなさんが過ごす2年間には、たくさんの出会いと体験が待っています。この学校で看護を学び、同じ夢を持つ仲間と准看護師を目指してください。

Message
平成29年度卒業

Eさん
准看護師になるという目標に向かって皆で一丸となった2年間でした。座学では初めて耳にする疾患や専門用語に戸惑いながらも多くのことを学びました。
臨地実習では患者さんを受け持ち、わからないことに自信をなくしたりつまづいたことも沢山ありましたが、仲間と支え合い乗り越えることができました。
厳しいときもありますが、先生は温かい方ばかりです。実習でつまづいたときにはマンツーマンでご指導してくれます。
ホームルームでは、いつも笑顔や笑いがたえませんでした。
比企准看護学校での2年間は私にとって宝物になりました。
比企准看護学校で学んだ知識・技術・態度を大切に
行き詰まった時初心に帰り、患者さんの心に寄り添う気持を
忘れず准看護師として成長していきたいと思っています。




准看護師資格試験 26年連続合格率100%!

一般社団法人 比企医師会立 比企准看護学校
〒355−0016 埼玉県東松山市材木町2−36
TEL 0493−22−1202  FAX 0493−23−6075
ご意見・ご要望などがありましたら、電話にてご連絡下さい。
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。